2014年9月21日日曜日

年に一度の。

僕には兄がいます。

スケートボーダーです。

俺の良き理解者でありファンでもあります。(きっとそのはず笑)



僕は兄の影響でスケートを始めました。

兄は神戸に住んでいます。

なかなかうまいです。

清水家の体質なのか?

バリアルヒールは兄もかなりうまいです。

レーザーもうまいです。

ダブルバリアルヒールなんてものが出来てしまいます。


そんな兄とは地元岡山では2、3年くらい一緒に滑り
その後は神戸と福岡にそれぞれ移住しました。

仲はもともとは良くなかったです。

でも、スケートはじめてから変わりました。

今では
兄 × スケーター = 最高のツレ
となりました。



最高のツレとスケートするのが楽しく
お互い神戸と福岡を行き来するようになりました。

それは僕が20歳の頃から毎年なので、
たぶん今年で13年目くらいになるでしょう。

今では気づけば僕は33歳、兄は35歳。

二人とも就職して結婚して子持ち。

そんな子持ちの二人のおっさんが、
心を鬼にしてお互いの家庭、育児に目を背ける
年に1度のビッグイベント 兄弟スケートツアー笑。

そこまで無理して滑らんくても・・・と思ったりもしますが、
それでもやっぱり兄と滑るのは楽しい。

兄が滑り続けているってことや、
年に一回は一緒にスケートするってのが
僕のモチベーションの1つになります。

今年は兄が福岡に来ました。

タイミングよくDICEK氏が参戦してくれたおかげで
兄もこんなナイスなショットを納めました。
DICEKくん、ありがとう!!

残念ながらこれは乗りゴケでしたが、かなりおしかった。

久々一緒に滑った兄はなかなか体力とスキルが衰えていて
やはり仕事と子供の影響、そして年齢は大きいか!?と感じてしまいましたが、
僕が滑り続ける間は滑り続けてもらいたいと
勝手なことを思っています。

ということで兄が滑り続けるように、兄のスケ友の皆さん
がんがん兄を誘ってあげて下さい。笑



だいぶ勝手なことを言いましたが、僕はというと・・・

またしても死闘でしたが、
なんとか久々フッテージを納めることができました。

嬉しさのあまり号泣です。
嘘です。

DICEK氏に写真を撮ってもらうと良い写真ばかりなので
ブログが充実します笑

先週末のスケートは最高の兄と仲間に囲まれて
とても幸せなスケートデイでした。

いつもいつもありがとう!!

Junn

0 件のコメント:

コメントを投稿